技能実習生の入国から帰国までの流れ
技能実習法に基づく新制度における技能実習生の入国から帰国までの主な流れは下図のとおりとなります。
技能実習生受け入れまでの流れ
企業様からのオーダーを受けた後、実習生との現地面接、又はスカイプ面接を行ないます。
採用が決まり次第、現地の教室と幣組合のセンターで、それぞれ約1ヶ月間日本語を勉強し、その後配属となります。
入国前の面接から事前研修、書類上の手続き、配属後の管理までトータルでサポート致します。
お申し込みから受け入れ企業への配属までの期間は約4~6ヶ月です。
inserted by FC2 system